よくあるご質問

「相乗りくん」事業に関するご質問

自然エネルギーを増やすために自分のお金を役立てたい「パネルオーナー」と、信州の日当たりのいい屋根をお持ちの「屋根オーナー」をつないで、共同で太陽光パネルを設置する仕組みです。

パネルオ―ナーは全国どこからでも10万円以上希望の金額で参加でき、そのパネルが生み出す売電収入を得ます。屋根オーナーは設置費用の自己負担なしで、クリーンで安い電気を使うことができ費用を削減することができます。

地域外の企業による大規模な太陽光発電とは違い、個人や企業や行政が力を合わせ、地域の空いている屋根を活かし、自然エネルギーを増やしながら経済的メリットをみんなでシェアする地域主導の発電事業です。

「相乗り」は英語で「シェア(share)」です。屋根にみんなでパネルを「相乗り」させて、信州の太陽エネルギーを共有し、一緒に自然エネルギーを増やしましょうという願いを込めて名付けました。最近は、シェアリングエコノミーというように、「相乗り」はエコロジーでエコノミーな取り組みとしても注目されています。また、市民が主人公の太陽光発電らしく親しみやすい名前をつけました。

長野県東信地域、中信地域にお住まいで、日当たりのよい屋根をお持ちでしたら、まずは「屋根オーナー」をご検討ください。「パネルオーナー」は全国どこに住んでいても、屋根の条件があわなくても、もう自宅にはパネルを設置していても、どなたでも参加可能で、売電収入を得ながら自然エネルギーを増やせます。「屋根オーナー」をご希望でも条件が合わずご参加いただけなかった際に、「パネルオ―ナー」にご参加される方も多いです。また「屋根オーナー」であり「パネルオ―ナー」でもある方も何人かおられます。

2020年度以降は、ほぼ全ての発電所が余剰売電です。固定価格買取制度の買取価格が下がったため、余剰売電(できるだけ使用し残った電気のみ売電)する方が経済的メリットが大きくなりました。買取価格の高かった以前は住宅など10kW未満は余剰売電、10kW以上の大きな屋根は全量売電でした。

屋根オーナー事業に関するご質問


長野県東信地域、中信地域の所有される(または借りておられる)屋根に、相乗りくんで太陽光パネルを設置する参加です。日当たりがよく空いている屋根をお持ちの個人の方または事業者の方は、設置費用なしでパネルを設置でき、安い自然エネルギーを使用でき、非常用電源の確保にもなります。

住宅、事務所、公民館、アパート、工場、保育園、学校、老人ホームなど、太陽光パネルが設置できる建物で、電気契約が住宅契約または従量電灯契約が対象です。

※高圧の電気契約の施設の場合は別途ご相談ください。電気使用状況からどのくらい経済的メリットをご提案できるかシミュレーションいたします。

まずはご連絡ください。屋根の状況を拝見させていただきご参加が可能かどうか確認後、ご参加資料を作成いたします。具体的なご参加の形についてお伝えしながら一緒に検討させていただきます。

・空いている屋根を活かして自然エネルギーを増やしながら、太陽光の安い電気を使用できます。

・設置費用の自己負担なしで太陽光発電を導入できます。

・事業所の場合は初期費用をかけずに固定費(電気代コスト)を下げることができます。

・毎月のお支払いは電力会社から振込まれる売電収入と使った電気分で支払えますので、支出は増えません。

・電気代削減ができます。相乗りくんにお支払いいただく電気代単価は、固定価格買取制度買取価格と同額です。現在の買取価格は平均的な電力会社の従量電灯契約の電気代単価よりも安いので、この差額が経済的メリットになります。例えば、2020年度申請の場合、10kW未満の設置なら21円/kWh(中部電力より約4~7円安い)、10kW以上の設置なら13円+税/kWh(中部電力より約14円安い)となります。

・契約終了後、相乗りパネルが無償譲渡され、以降の発電された電気は自由に活用できます。自家消費(使用、蓄電)、売電など。メンテンナンスを続ければ30年程度は発電の継続が見込めます。(10kW未満の相乗りくんは12年契約、10kW以上の相乗りくんプラスは17年契約)

相乗りくんに限らず太陽光発電導入の共通メリットとして、

・自然エネルギーのある暮らしができます。事業所の場合は環境貢献、社会貢献につながります。

・非常用電源が確保できます。

・パネルの下の部屋は夏の遮熱効果が期待できます。

・日光を遮るため屋根材の劣化が遅くなります。

電力会社と従量電灯契約をしている事業所の場合、最も電気代削減の割合が大きいので今がチャンスです。

電力会社の電気代単価28.49円/kWh(中部電力従量電灯契約区分3、2020年8月現在)-相乗りくん電気代単価(2020年度申請の場合13円+税)=14.19円/kWh…この差額が電気代削減です。

<電力会社と従量電灯契約をしている事業所の屋根に30kW程度の太陽光パネルを設置した場合の例>

発電している昼間には相乗りくんの太陽光発電の安い電気を優先して使えます。

年間の電気代約55万円の事業所、年間使用電力量18,000kWh、このうち4分の3程度(13,500kWh)を太陽光の電気を使うとすると(雨の日や夕方以降は電力会社の電気を使用する)、

14.19円/kWh×13,500kWh=191,565円 約19万円が年間の電気代削減額です。

昼間はほぼ太陽光の電気で暮らせます。

昼間にご自宅で使用する電気が多いほど電気代削減額は大きくなりますが、使用量によって年間5,000~10,000円程度です。

電力会社の電気代単価28.49円/kWh(中部電力従量電灯契約区分3、2020年8月現在)-相乗りくん電気代単価(2020年度申請の場合21円/kWh)=7.49円/kWh…これがkWhあたりの電気代削減額です。

1ヶ月の電気使用量を330kWhとして(40Aとして月の電気代10,000円程度)、その3分の1を昼間につかうとすると、、約7,000円/年の電気代削減

現在の使用状況をお伺いして試算いたします。

・おおむね南向きの屋根で日当たりがよく、将来に渡って影になるものがないこと。

・パネルが5.5kW以上設置できる一定の広さがあること。(現地調査で確認いたします)

・建物の耐震性・耐久性・積載荷重が十分であること。(不明な場合はご相談ください)

・相乗りくんの契約期間内に屋根の修理・葺き替え、建物の改築・修理、引越しがないと見込めること

・ご自身の所有の土地・建物であること、または所有者の了承を得ていること。

・太陽光パネルの設置コストがこのプロジェクトの想定コスト内に納まること(屋根の状況などによって、設置にコストがかかりすぎて参加していただけない場合もあります。)

発電開始までの現地調査、必要書類へのご記入、工事の立ち会い(必要な場合のみ)、などにご協力いただきます。

毎月、発電量をご報告いただきます。

毎月、定額または発電量に応じたお支払いをしていただきます。(自動引落しも選べます)

年に1回税務署への報告をしていただきます(これによって税金の発生はありません)

基本的には相続された方に引き継いでいただきます。

パネルオーナーとして太陽光発電に参加することもできます。
また、ご自分で費用を出して設置することになった場合は、信頼できる業者さんをご紹介できます。

パネルオーナー事業に関するご質問


信州の日当たりのいい屋根に、全国どこからでも、10万円以上のご希望の金額でご自身のパネルを相乗りさせて、売電収入を得ながら自然エネルギーを増やすことができます。

自宅にパネルが設置できなくても、太陽光発電に参加できます。

10年契約の相乗りくん(10kW未満の屋根への相乗り)と、13年契約の相乗りくんプラス(10kW以上の屋根への相乗り)があります。

まずは参加説明資料をご請求いただき、ご参加概要をご覧ください。申込書を同封いたしますのでお申込み後、契約手続きを進めさせていただきます。内容についてわかりにくい点があればお気軽にお問合せください。

・ご自身のパネルを信州の屋根に相乗りさせることで誰でも太陽光発電に参加できます。

・全国でもトップクラスの発電量の屋根に相乗りできます。

・10万円以上のご都合に合わせた金額で太陽光発電に参加できます。時期をずらして何度でも申し込めます。

・契約期間中に毎月発生する売電収入の合計は参加した金額より1~2割程度増える見込みです。(保証するものではありません)

・お子さんやお孫さんの名義でも参加できます。

・ご自身が相乗りしている屋根をご紹介します。(県外から見に来られる方も多いです。)

・ご自身のパネルの発電量を毎月お知らせしますので、自然エネルギーを増やしている手ごたえを感じられます。(ご自宅の電気使用量と比較されると実感しやすいです。電気以外のガスや灯油やガソリンなども含め、相乗りくんで得られる自然エネルギーで自宅のエネルギーはすべて自然エネルギーでまかなわれたことになる「じぶんRE100」を達成される方もおられます。)

なれます。

お子様やお孫様のご名義でのご参加も多いです。

小学校高学年(5年生)以上の方の場合、親権者の方の同意をしていただく契約となります。

4年生以下の場合は、親権者の方の代理契約となります。

ご本人の名義の銀行口座をご用意ください。

日当たりの良い屋根を審査して選び、過去の発電データから余裕を持って予測した売電収入を見込みとしてお示ししていますが、天候不順や発電トラブル他の原因で、契約期間の売電収入が参加金額に満たない可能性もあります。その場合契約期間を1年間のみ延長します。

参加説明書において、考えられるリスクについてお伝えしておりますので参加説明資料をご請求ください。

保証されるものではありません。天候不順や発電トラブル他の原因で、契約期間の売電収入が参加された金額に満たない場合、契約期間を1年間のみ延長します。

なりません。固定価格買取制度はパネル設置時の価格が10年間、あるいは、20年間固定で保証されていますので変わりません。また、買取価格が下がったのは設置費用が下がったためです。パネルオ―ナーさんがどの年度にご参加されても公平な金額をお渡しできるよう提供するパネル容量を調整しています。

相続される方に引き継いでいただきます。

お申し出があれば可能です。(振込み手数料はパネルオーナー負担です。)

申し訳ありません。パネルオ―ナーは10万円以上のご参加になります。

自然エネルギーを増やす活動に参加される他の方法としては以下のようなものがあります。

・賛助会員は年会費3,000円でNPOの活動を応援できます。

・ご寄付はいつでも歓迎です。

・読み終わった本を寄付していただきその本の売上が上田市民エネルギーに寄付されるFUREFUREBOOKSという応援方法もあります。

・ボランティアはホームページやfacebookページ「相乗りくん太陽光発電」などで随時募集します。

いずれにつきましても、ご参加をご希望される方は事務局までご連絡ください。


ご相談・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ